【公式】株式会社シルバシティ > 株式会社シルバシティのスタッフブログ記事一覧 > 火災保険の特約は必要?不動産購入で必要となる補償範囲と上手な節約術!

火災保険の特約は必要?不動産購入で必要となる補償範囲と上手な節約術!

≪ 前へ|中古マンション選びのポイント!耐震基準や管理状況を見てみよう   記事一覧   家の災害保険は火災保険と地震保険のみで大丈夫?保険の必要性と併せて解説|次へ ≫

火災保険の特約は必要?不動産購入で必要となる補償範囲と上手な節約術!

火災保険の特約は必要?不動産購入で必要となる補償範囲と上手な節約術!

マイホーム購入に際して、保険の補償範囲をどこまでにしたら良いのか、特約を付けたほうが良いのかなど、火災保険にはわからないことが多いと思いませんか?
ここでは、補償範囲から加入の義務についてや事業の経費に計上できるケース、保険料の相場のお話などをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入で加入する火災保険!適切な補償範囲を見極める!

不動産購入で加入する火災保険!適切な補償範囲を見極める!

一戸建てやマンションなど不動産を購入する手順のなかで加入が条件とされる火災保険は、どこまで守る範囲を広げるべきかを考えてみましょう。

加入義務はない?未加入だと非常時の負担が大変!

一戸建てはもちろん、マンションを購入した際には必ず保険に加入する流れがあるため、火災保険の加入は法律で義務付けられていると思っていませんか?
実は、火災保険の加入は義務ではなく、不動産という大きな資産を購入した場合には、加入しておいたほうがいざという時のリスクを軽減できるからという理由からなのです。
たとえば、銀行側は融資したお金を回収できなくなることを避けるため、万が一の場合には保険金で支払えるように、融資を受ける条件としています。
もし、保険未加入だった場合には、家を失っても住宅ローンはそのまま残されるので返済しなければならず、新たな住居費用も発生してしまうからです。
また、近隣の家が火事になって延焼した場合、相手に重大な過失がなければ損害を請求することはできないため、基本的には自己負担で家を直すことになります。
このように、いざという時のために保険に加入しておくことは、非常時に自分と家族の生活を守ることに繋がるので、義務ではなくても加入したほうがリスクを軽減できるでしょう。

火事だけではない!火災保険が補償してくれる範囲とは?

火災保険という名称ですが、実際には火事以外の災害や事件などのケースも補償範囲に含まれていることがあります。
台風や土砂崩れ(水災)、強風や雪(風災・雪災)、落雷、盗難や家財の破損などさまざまな内容があり、必要に応じて契約しておけば、いざという時に安心です。
ここで気になる点は「家財」には何が含まれるのかですが、一般的に「家の中にあって動かせるもの」とされており、家具や家電全般に衣類などが含まれます。
一般的には建物のみが保険の対象とされるケースが多いため、家財も対象にしたい場合には、契約する前にしっかりと補償範囲を確認しましょう。

マンションと一戸建てで補償したい範囲は異なる

一戸建ての場合には建物全体が保険の対象と捉えやすいのですが、マンションは建物全体が自己所有というわけではありません。
マンションの場合には所有者や管理体制を明確に分けるために、専有部分は入居者が、共用部分は管理会社や大家がそれぞれ保険に加入するのが一般的です。
また、保険内容も一戸建てとマンションでは異なる点が多いので、どこまでの範囲を保険で守るか考える際には、不動産の特徴を捉えましょう。
たとえば、一戸建てでは上階が存在しないので上階からの水漏れを保険に取り入れる必要はなく、マンションの2階以上に入居していれば、車の衝突に対する備えは必要ありません。
このように、どのようなリスクが起きる可能性があるかを考えることで、どこまで保険を適用させるかを考える基準となります。

不動産購入時の火災保険で経費に計上できるケースとは?

不動産購入時の火災保険で経費に計上できるケースとは?

火災保険料は基本的に確定申告で控除の対象とはされていませんが、事業用として利用されている不動産の場合には経費に計上できる場合があります。

事業に関わる不動産ならば保険料を経費に計上できる

事業に関わる不動産であれば、維持や管理に必要な費用は経費として計上することが可能で、火災保険もその対象となります。
店舗や事務所として利用している不動産の建物や家財にかけている火災保険や地震保険は、経費として扱われます。
同じ建物内で自宅としても事業用の事務所としても利用しているというケースでは、事務所として利用している割合を算出し、その割合分の保険料を経費に計上することができます。
ポイントは、あくまでも事業として利用している部分が対象となるので、プライベートな部分を含めることはできません。
ただし、個人の年末調整や確定申告で火災保険は保険料控除の対象外ですが、地震保険は控除の対象とされているため、事業用としても個人としても計上することができます。

長期契約の一括払いでは計上金額に注意しよう

保険は短い期間よりも長い期間で契約したほうが保険料が安くなるため、事業用の場合には長期契約を結ぶことが多いのですが、その場合は計上する金額に注意しましょう。
1年ごとに保険料を支払っている場合には、その金額がそのまま経費として計上して問題ありませんが、数年分を一括で支払っている場合には、その年分の料金を算出する必要があります。
たとえば、10年契約で年間1万円の保険料を一括で支払った場合、その年の保険料は1万円を計上し、残りの19万円は長期前払費用として資産に計上します。
翌年からも同じように、その年分の保険料を経費として計上し、保険契約が終了するまで繰り返していきます。

不動産購入時に加入する火災保険の相場と節約するポイント

不動産購入時に加入する火災保険の相場と節約するポイント

資産を守れる保険に加入することで安心は得られますが、必要以上に料金が高くならないよう、節約できるポイントや料金がどう決められているのかを知っておきましょう。

不動産購入時の火災保険料の相場はいくら?

保険に加入することで、どこまで資産を守れるかも気になりますが、それにかかる料金はさらに気になる部分ではないでしょうか。
不動産を購入した際に加入する火災保険の料金相場は、実のところはっきりとしておらず、「○○円ほどが相場の価格帯」と言えないのが現状です。
なぜなら、保険料を決める基準は各保険会社が独自に設定しており、地域や特約、補償範囲の選び方によって変動が大きいからです。
しかし、最低限の保険内容の1年契約というパターンであれば、一戸建てで数千円〜1万円ほど、マンションで数千円ほどが一般的で、ここに追加の特約などが加算されていきます。

保険料の金額を決める基準は保険会社が独自に設定

前項でお伝えしたように、保険料を決める基準は各保険会社が独自で設定しているため、同じ保険内容でも保険会社を変えることで料金は大きく変動し、それが相場が明確ではないとされる理由です。
相場は不明瞭ですが、主な基準は建物の構造や専有面積、所在地、築年数、マンションか一戸建てかなどとはっきりと明記されています。
上記の基準にくわえて保険内容や契約期間、支払い回数によっても料金は変動し、台風などの災害を受けやすい地域では料金が高めに設定される傾向があります。

できる限り安く抑えたい!節約の3つのポイント!

相場が明確ではない保険料を安く抑えるためには、契約期間、保険の対象、保険金額の3つのポイントを覚えておきましょう。
火災保険は長期間契約することで保険料が割安となる特徴があり、最短1年〜最長10年までの期間から選べて、10年契約だと2割程度の割引を受けることができます。
いざという時のためと思って特約を付けすぎると料金は自然と高くなるので、リスクが少ないものは減らすのも1つの方法です。
また、保険金の上限金額(補償限度額)を抑えても保険料の節約に繋がるので、自己負担できる金額と相談しながら考えてみましょう。

まとめ

法律によって加入が義務付けられているわけではなくても、いざという時のリスクを軽減させるために火災保険の加入は必須と言えるでしょう。
資産を圧迫しない程度の範囲、地域の特性や建物の構造などを考慮し、無理のない契約を検討してください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

シルバシティ スタッフブログ編集部

ファミリー向けの土地・一戸建てをお探しでしたら、【公式】株式会社シルバシティにおまかせください!弊社では、目黒区・渋谷区を中心に世田谷区や港区の不動産情報も豊富にご紹介しております。ブログでも不動産に関するコンテンツをご提供します。


≪ 前へ|中古マンション選びのポイント!耐震基準や管理状況を見てみよう   記事一覧   家の災害保険は火災保険と地震保険のみで大丈夫?保険の必要性と併せて解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • よくある質問
  • ご購入の流れ
  • QRコード
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社シルバシティ
    • 〒153-0042
    • 東京都目黒区青葉台3丁目2-12
      ヤクシビル3階
    • 0120-133-468
    • TEL/03-5784-2552
    • FAX/03-5784-2553
    • 東京都知事 (1) 第103963号
  • 外国の方向け for foreigners
  • Twitter
  • 更新物件情報

    2024-07-25
    プライムアーバン目黒大橋ヒルズの情報を更新しました。
    2024-07-25
    新宿区中落合3丁目の情報を更新しました。
    2024-07-25
    下目黒ハウスの情報を更新しました。
    2024-07-25
    アポセント千駄ヶ谷の情報を更新しました。
    2024-07-25
    戸越公園マンションの情報を更新しました。
    2024-07-25
    高輪戸建の情報を更新しました。
    2024-07-25
    GALICIA RESIDENCE HIROOの情報を更新しました。
    2024-07-25
    ガーデン都立大の情報を更新しました。
    2024-07-25
    真和ハイツの情報を更新しました。
    2024-07-25
    ラグディア麻布十番の情報を更新しました。
  • イクラ不動産
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


新宿区中落合3丁目

新宿区中落合3丁目の画像

価格
7,280万円
種別
新築一戸建
住所
東京都新宿区中落合3丁目
交通
落合南長崎駅
徒歩9分

東急ロワール駒沢

東急ロワール駒沢の画像

価格
8,280万円
種別
中古マンション
住所
東京都世田谷区駒沢2丁目61-1
交通
駒沢大学駅
徒歩9分

渋谷区広尾3丁目

渋谷区広尾3丁目の画像

価格
1億9,800万円
種別
売地
住所
東京都渋谷区広尾3丁目
交通
表参道駅
徒歩13分

渋谷区広尾3丁目

渋谷区広尾3丁目の画像

価格
2億1,200万円
種別
売地
住所
東京都渋谷区広尾3丁目
交通
表参道駅
徒歩13分

トップへ戻る