【公式】株式会社シルバシティ > 株式会社シルバシティのスタッフブログ記事一覧 > 戸建ての布基礎とベタ基礎の違いは?特徴やメリット・デメリットもご紹介!

戸建ての布基礎とベタ基礎の違いは?特徴やメリット・デメリットもご紹介!

≪ 前へ|不動産契約後の解約方法について知っておきたいこととは?   記事一覧   住宅ローン控除改正!2022年以降の住宅ローン控除はどう変わる?|次へ ≫

戸建ての布基礎とベタ基礎の違いは?特徴やメリット・デメリットもご紹介!

戸建ての布基礎とベタ基礎の違いは?特徴やメリット・デメリットもご紹介!

戸建て住宅を建てる際、デザインや間取りなどの設備にどうしても目がいきがちなのではないでしょうか。
しかし、安全に暮らしていくためにもっとも重要なのが、建物の土台である基礎です。
今回は、戸建ての基礎とは何か?基礎の種類や違いなどについてご紹介します。
それぞれのメリット・デメリットについてもご紹介しますので、これから戸建住宅を建てるという方は、ぜひ参考にして最適な基礎を選んでください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建ての基礎の種類や違いとは?

戸建ての基礎の種類や違いとは?

まず最初に、戸建ての基礎について種類や特徴、違いについてご紹介します。

戸建の基礎とは?

基礎とは建物の下に見えているコンクリートの部分を指します。
建物の重さを地面に均等に伝えるために重要な部分となります。
基礎がしっかりしていないと、地震があった際などに建物が傾いてしまいます。
また、年数が経過するごとに徐々に傾いてしまう危険性もあるのです。
以前はコンクリートのみでしたが、現在は鉄筋を入れた基礎が主流です。
鉄筋は引張力に強いのがメリットですが、熱に弱く錆びやすいのがデメリットとなります。
コンクリートは熱に強いのがメリットで引張力に弱いのがデメリットです。
性質の違う鉄筋とコンクリートがデメリットを補うことによって強度を増すことができるのが基礎の特徴となります。

基礎の種類や違いとは?

日本で多く採用されている基礎には、布基礎とベタ基礎があります。
それぞれの構造や特徴について見ていきましょう。

布基礎の構造や特徴
布基礎は日本に古くから存在する基礎です。
逆T字型のコンクリートを地面の奥深くまで打ち込むことで、建物を支える基礎となります。
布基礎は地面から立ち上がっている部分のみで建物を支えているのが特徴です。
立ち上がり部分以外の地面に湿気が上がってこないように、防水シートを敷きその上にコンクリートを施工するという構造となります。

ベタ基礎の構造や特徴
ベタ基礎とは、建物の床面全体に鉄筋コンクリートを流し込んで作られる基礎のことです。
布基礎と違って、立ち上がっている部分ではなく床全体にコンクリートが流し込まれるため、一体化して大きな面で建物全体の重みを支えることが特徴となります。
ベタ基礎は地盤が弱い土地に建物を建てる際に採用されることが多い基礎です。
布基礎より耐震性が高いのが特徴となります。

布基礎のメリット・デメリット

布基礎のメリット・デメリット

それでは、布基礎のメリットとデメリットについて具体的に見ていきましょう。

布基礎のメリット

コストを抑えることができる
布基礎のメリットはなんといってもコストが抑えることができるということです。
ベタ基礎と比べて床全面に鉄筋を使用せず、コンクリートも薄いため、材料費を抑えることができます。
それにともなって、材料の輸送費や作業にかかる人件費も抑えられますので、全体的なコストを抑えることができるのです。
基礎以外の部分にこだわりたい方は、コストが抑えられる布基礎がおすすめです。

部分によっては強度が高まる
布基礎は地面の奥深くまで基礎を打ち込みますので、ポイントによってはベタ基礎より強度を高くすることも可能です。
鉄骨部分に荷重が集中しやすい鉄骨造の住宅などは布基礎が向いています。

寒冷地に強い
気温の低い地域は土が凍結して膨張しますので、基礎に歪みが生じる可能性があります。
土の凍結により基礎が膨張しないようにするためには、基礎底板を凍結深度よりも深くに儲ける必要があるのです。
ちなみに基礎底板を凍結深度より深く儲ける場合、ベタ基礎は掘る量が多くなるため残土も増えコストが高くなります。

布基礎のデメリット

耐震性が劣る
面で支えるベタ基礎と比較すると、点と線で支える布基礎は耐震性がやや劣ります。
基礎の安定性が地盤の強さに左右されやすいことも布基礎のデメリットです。
弱い地盤の上に布基礎で建物を建てた際、基礎の一部が沈んで傾いてしまう恐れがあります。
強い地盤や、地盤改良をおこなった土地であれば問題ありませんが、地盤の弱い土地ではベタ基礎の採用がおすすめです。

シロアリによるリスクが高くなる
シロアリは湿気の多い場所を好み、木をエサとするため、木造の戸建住宅にとってシロアリは天敵といえます。
シロアリの被害を予防するためには、水気をなくして湿気をこもらせない工夫が必要です。
布基礎は地面が露出していることが多く湿気が上がってきやすくなりますので、しっかりと防蟻対策がおこなわれていない場合は、シロアリ被害にあいやすいのがデメリットでしょう。

ベタ基礎のメリット・デメリット

ベタ基礎のメリット・デメリット

最後に、ベタ基礎のメリット・デメリットをご紹介します。

ベタ基礎のメリット

耐震性に優れている
日本は地震大国といわれ、世界で発生しているマグニチュード6以上の地震の2割は日本周辺で発生しています。
そのため、日本で建物を建てる際は、耐震性の高さが重要です。
ベタ基礎は建物の荷重を面で支える特徴があるため、力が分散されやすく布基礎よりも耐震性に優れています。
とくに、木造住宅は力が分散されやすく、特定のポイントに荷重がかかりにくいためベタ基礎が適しているでしょう。
しかし、コスト面で鉄筋の量を少なくしたり、コンクリートを薄くした場合は、布基礎よりも耐震性が下がってしまうことがあります。

湿気やシロアリ被害を防ぐことができる
ベタ基礎は床下全体が厚いコンクリートで覆われており、建物と地面が直に接しない構造です。
そのため、湿気が発生しにくいのがメリットとなります。
湿気を防ぐことができるため、おのずとシロアリ被害を防ぐことが可能です。
とくに、木造住宅は湿気に弱いため、メンテナンスの手間を省きたいという方はベタ基礎がおすすめといえます。

ベタ基礎のデメリット

コストが高い
ベタ基礎のデメリットは布基礎と比較するとコストが高いというのがデメリットです。
布基礎と比較すると鉄筋とコンクリートを多く消費するのが理由となります。
また、布基礎と違い、多くの残土が発生しますので、材料費に加えて残土の輸送費用や処理費用、人件費が増えてしまうのもデメリットです。

寒冷地には向かない
布基礎のメリット部分でもお伝えしましたが、寒冷地は気温の低下によって地中凍結して地面が膨張してしまいます。
そうなると基礎が押しあがってしまい、建物にダメージを与えてしまうことがあるのです。
寒冷地で建物を建てる際は、基礎底板を凍結深度よりも深くに儲ける必要がありますので、ベタ基礎はコストがかかってしまうのがデメリットといえます。

布基礎とベタ基礎はどちらが良い?

布基礎とベタ基礎は特徴やメリット・デメリットが異なります。
戸建て住宅を建てる際、結局どっちの基礎が良いのか気になる部分ですよね。
布基礎はベタ基礎と比較するとコストが抑えられますので、地盤が強い土地では布基礎がおすすめです。
地盤の弱い土地であっても、木造や軽量鉄骨造の戸建て住宅であれば、コストの安い布基礎が採用される場合もあります。
しかし、地盤が弱い土地だったり、湿気やシロアリ被害を予防したい場合は、ベタ基礎がおすすめでしょう。
コストは高くなりますが、安全性の高さから現在はベタ基礎が主流になっています。

まとめ

今回は戸建て住宅の基礎についてご紹介しました。
一度建物を建ててしまうと基礎の交換はできません。
建物を建てる地盤の強さや地域などによっても最適な基礎は異なりますので、今回ご紹介した2つの基礎のメリット・デメリットをしっかり把握して、最適な基礎を選びましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産契約後の解約方法について知っておきたいこととは?   記事一覧   住宅ローン控除改正!2022年以降の住宅ローン控除はどう変わる?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • よくある質問
  • ご購入の流れ
  • QRコード
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社シルバシティ
    • 〒153-0042
    • 東京都目黒区青葉台3丁目2-12
      ヤクシビル3階
    • 0120-133-468
    • TEL/03-5784-2552
    • FAX/03-5784-2553
    • 東京都知事 (1) 第103963号
  • 外国の方向け for foreigners
  • Twitter
  • 更新物件情報

    2024-05-23
    グラン,フォークス西麻布の情報を更新しました。
    2024-05-23
    シティタワー麻布十番の情報を更新しました。
    2024-05-23
    美竹コートの情報を更新しました。
    2024-05-23
    アニモ笹塚の情報を更新しました。
    2024-05-23
    ZOOM新宿南Firstの情報を更新しました。
    2024-05-23
    パティーナ三田台の情報を更新しました。
    2024-05-23
    ザ・レジデンス六本木の情報を更新しました。
    2024-05-23
    クロスエアタワーの情報を更新しました。
    2024-05-23
    ツインハウス富紀の情報を更新しました。
    2024-05-23
    インペリアル赤坂フォーラムの情報を更新しました。
  • イクラ不動産
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


東急ロワール駒沢

東急ロワール駒沢の画像

価格
6,498万円
種別
中古マンション
住所
東京都世田谷区駒沢2丁目61-1
交通
駒沢大学駅
徒歩8分

豊島区高松2丁目

豊島区高松2丁目の画像

価格
5,780万円
種別
新築一戸建
住所
東京都豊島区高松2丁目
交通
千川駅
徒歩8分

グランウェリス瀬田

グランウェリス瀬田の画像

価格
9,880万円
種別
中古マンション
住所
東京都世田谷区瀬田4丁目
交通
二子玉川駅
徒歩9分

新宿区中落合3丁目

新宿区中落合3丁目の画像

価格
7,280万円
種別
新築一戸建
住所
東京都新宿区中落合3丁目
交通
落合南長崎駅
徒歩7分

トップへ戻る