【公式】株式会社シルバシティ > 株式会社シルバシティのスタッフブログ記事一覧 > 中古マンション築浅物件とは?購入するメリットと注意点について解説

中古マンション築浅物件とは?購入するメリットと注意点について解説

≪ 前へ|一戸建て購入後にペットと一緒に暮らしたい方!におい対策などご紹介   記事一覧   住み替えで資金計画を立てるときに知っておきたい!ポイントと注意点とは?|次へ ≫

中古マンション築浅物件とは?購入するメリットと注意点について解説

中古マンション築浅物件とは?購入するメリットと注意点について解説

中古マンションがほしいと考えているが、築年数はどれぐらいの物件が良いのかとお悩みの方もいるでしょう。
また、築年数を考慮したうえで購入する際、そのメリットについても知っておきたいと感じる方もいるかもしれません。
この記事では、中古マンションを検討中の方に向け、築浅とは築何年ぐらいの物件をさすのか、また、購入するメリットと注意点についても解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

中古マンション購入において築浅とは築何年くらいかを解説

中古マンション購入において築浅とは築何年くらいかを解説

新築にこだわらずにお手頃な価格でマンションを手に入れたいと考える方も増えています。
下記では、築浅とはどのような物件なのか、また、築何年ぐらいの物件をさすのかについて解説します。

定義について

それではまず、築浅物件を知るうえで、新築との違いについて理解しておくと分かりやすいでしょう。
そこで、住宅において品質確保の促進などに関する法律が定める、新築の定義について見てみると2つあげることができます。
1つ目に、新しい建物が完成して1年未満であることがあげられます。
完成した日を明確に言うと、検査済み証に記載された日付のことであり、この書類が発行された日から1年未満であることが新築の条件となります。
さらに、建物が完成してから誰も入居していないことが前提です。
もし、ほんの数日でも誰かが入居した事実がある場合、新しく建てたばかりの物件であっても、中古物件の扱いになります。
2つ目に、更地の状態から新しく建てた物件であり、スケルトンリフォームといったほぼ新品の建材で建て直された物件であっても、新築とはなりません。
上記を踏まえて、新築と定義されない中古物件の中に、築浅と呼ばれる築年数が浅い物件があります。

3年以内と5年以内

新築と違って、築浅には明確な定義はありませんが、一般的には、以下の条件を満たす物件です。
まずは、中古物件であることで、築浅物件はすでに使用した事実があるため、新築とは明確に区別されます。
そして、築浅と言える物件は、不動産会社によっても異なりますが、築3年以内、または、5年以内の物件を条件としている場合が多いでしょう。

未入居物件

築浅物件と似た特徴をもつ、未入居と言われる物件もあります。
未入居物件とは、新築から1年以上経過しているが、誰も入居したことがない物件をさします。
ただし、その間にリフォームや修繕などを施工した場合は、未入居であっても中古物件になるのです。
未入居物件は、一見すると未入居であり、新築に近い感覚でありながら安く購入できるメリットに着目しがちです。
ですが、住まいの性質として、キッチンやトイレなどの水回りは長期で使用しない状態だと劣化を早めるため、建ててから1度もメンテナンスをしていない物件は注意が必要でしょう。

築浅の中古マンションを購入するメリットについて解説

築浅の中古マンションを購入するメリットについて解説

中古物件のマンションにはさまざまなメリットがありますので、新築物件と築浅の中古物件を比較しながら解説します。
ぜひ、中古マンション選びの検討材料として参考にしてみてください。

新築とほぼ同等

新築物件は完成してすぐ住めるので、時間経過もなくきれいな部屋で生活ができますが、価格が高いことはデメリットと言えます。
しかし築年数の浅い物件であれば、新築して数年しか経過していない、比較的新しい部屋を新築よりも安い価格で購入することができます。
また、新築物件の魅力として、建材設備などが最新モデルであるため、デザイン性や機能が優れている点があげられるでしょう。
この点においても、家電設備の寿命は約10年とされているので、築浅物件であれば最新に近いモデルが設置されていることも多い傾向にあります。
たとえば、キッチン設備は、食器洗い乾燥機、浄水器付きの水道、生ごみ処理に便利なディスポーザー、お風呂設備には浴室暖房乾燥機、ミストサウナなどです。
また、設備のみならず、ウォークインクロゼットなどもデザイン性が高く、良好な状態で残っていて、当面の間はリフォームせずに住める可能性があるでしょう。
さらに、マンションの新築を購入する場合、建築完了前から間取りや図面を見てイメージだけで契約しなければならず、完成してイメージと違ったというケースもあるでしょう。
このようなケースも中古物件であれば、実際に部屋を見てから決められるため、好みの部屋に住める可能性が高くなります。
上記のような比較からすると、新築とほぼ同等の価値を手に入れられる築浅物件は、購入においてメリットが多いと言えるでしょう。

費用について

中古マンションの購入費用において、不動産経済研究所の調査によると、築浅物件は新築物件価格より1割安いとされています。
たとえば新築時に5,000万円だったマンションであれば、4,500万円になります。
また、新築物件の販売価格には、上乗せして不動産会社の利益が含まれていますが、中古物件では含まれない点がメリットですが、不動産仲介手数料や諸経費は必要です。
さらに、築浅のマンションを購入するのであれば、共用部分や専有部分も新しい状態のため、リフォームやリノベーションの費用がかからずに住める可能性が高いでしょう。

築浅の中古マンションを購入する時の注意点を解説

築浅の中古マンションを購入する時の注意点を解説

築浅のマンションは、外観や内装も新品に近い状態である可能性が高いため、購入したいと思っている方も多いことでしょう。
しかし、購入する際の注意点も存在しますので、参考にしていただき総合的に考慮するようにしましょう。

価格について

築浅マンションの場合は、中古市場においても需要が高い物件であるため、価格も高騰する傾向にあります。
築年数で見た首都圏の不動産流通市場の資料をみると、築0年〜築5年の場合と、築11年〜築15年のマンションでは数年の違いであっても約1,200万円の価格差です。
中古マンションを選ぶ理由に、価格の安さがあげられますが、築浅物件においては安さの恩恵は受けにくいと言えるでしょう。

資産価値について

中古マンションを選択するうえで、資産価値についても知っておくことが大切です。
基本的に、建物は築年数が経過するにともなって、マンションの資産価値は減少していきます。
しかし、マンションによっては資産価値を維持できる場合や、減少をゆるやかにできるマンションと、その逆で、資産価値が大きく減少してしまうマンションがあります。
おもに、この違いについては、マンションの立地、管理状態、周辺エリアのマンション数です。
まず、立地については、駅から近いといった利便性の高さが求められ、続いて、管理状態については、共用部分の清掃やメンテナンスがされているかによります。
そして、周辺エリアのマンション数では、近隣エリアに魅力的なマンションが多く建設されているかどうかで資産価値が変わってきます。
ですので、中古マンションを購入する際に、資産価値が減少しにくい物件かどうかも注意して選ぶと良いでしょう。

大規模修繕工事について

資産価値を見きわめるひとつとして、マンションの管理状態の中に、大規模修繕工事があります。
大規模修繕工事とは、経年劣化で起こるマンションの不具合を防ぐために、外壁や設備を定期的に修繕する工事のことです。
中古マンションを購入するときに注意すべきは、この大規模修繕がいつ実施されるかを調べることにあります。
大規模修繕の時期はマンションによって異なりますが、およそ築15年おきにおこなわれる物件が多いようです。
ですので、中古マンションを購入後すぐに大規模修繕工事が開始されて、修繕費用が上がったり、工事の騒音で生活に支障がでたりする場合も考慮して選ぶことが大切です。

まとめ

築浅に明確な定義はありませんが、一般的には築3年以内もしくは5年以内の物件を指します。
新築と同等の機能や設備が備えられていることも多く、新築物件の9割程度の価格で購入が可能です。
中古マンションを購入する際は資産価値の減少も考慮したうえで選択しましょう。

シルバシティへの問い合わせはこちら


シルバシティ スタッフブログ編集部

ファミリー向けの土地・一戸建てをお探しでしたら、【公式】株式会社シルバシティにおまかせください!弊社では、目黒区・渋谷区を中心に世田谷区や港区の不動産情報も豊富にご紹介しております。ブログでも不動産に関するコンテンツをご提供します。


≪ 前へ|一戸建て購入後にペットと一緒に暮らしたい方!におい対策などご紹介   記事一覧   住み替えで資金計画を立てるときに知っておきたい!ポイントと注意点とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • よくある質問
  • ご購入の流れ
  • QRコード
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社シルバシティ
    • 〒153-0042
    • 東京都目黒区青葉台3丁目2-12
      ヤクシビル3階
    • 0120-133-468
    • TEL/03-5784-2552
    • FAX/03-5784-2553
    • 東京都知事 (1) 第103963号
  • 外国の方向け for foreigners
  • Twitter
  • 更新物件情報

    2024-07-25
    ファイブ フォー白金の情報を更新しました。
    2024-07-25
    ガーデン代々木参宮橋の情報を更新しました。
    2024-07-25
    プラウドフラット渋谷富ヶ谷の情報を更新しました。
    2024-07-25
    プライムアーバン中目黒の情報を更新しました。
    2024-07-25
    プライムアーバン中目黒Ⅱの情報を更新しました。
    2024-07-25
    プライムアーバン目黒大橋ヒルズの情報を更新しました。
    2024-07-25
    新宿区中落合3丁目の情報を更新しました。
    2024-07-25
    下目黒ハウスの情報を更新しました。
    2024-07-25
    アポセント千駄ヶ谷の情報を更新しました。
    2024-07-25
    戸越公園マンションの情報を更新しました。
  • イクラ不動産
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


新宿区中落合3丁目

新宿区中落合3丁目の画像

価格
7,280万円
種別
新築一戸建
住所
東京都新宿区中落合3丁目
交通
落合南長崎駅
徒歩9分

東急ロワール駒沢

東急ロワール駒沢の画像

価格
8,280万円
種別
中古マンション
住所
東京都世田谷区駒沢2丁目61-1
交通
駒沢大学駅
徒歩9分

渋谷区広尾3丁目

渋谷区広尾3丁目の画像

価格
1億9,800万円
種別
売地
住所
東京都渋谷区広尾3丁目
交通
表参道駅
徒歩13分

渋谷区広尾3丁目

渋谷区広尾3丁目の画像

価格
2億1,200万円
種別
売地
住所
東京都渋谷区広尾3丁目
交通
表参道駅
徒歩13分

トップへ戻る